« ブラインド化は倫理的に正しいか? | メイン | コンピューターは浮気に限る(zotero standalone) »

2011/02/08

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

MLは残念な流れでしたが、先生の言わんとすることは十分わかりました。
studyのデザインをRCTにすることが、Do no harmの原則に反する危険は実際あると思います。

すみません、前の投稿の最後の2行は消し忘れです。不完全なものを送信してしまい、たいへん申し訳ありません。

昨日も投稿したものです。昨日の英文の意味は、オープンラベルの方がより直接的に情報を伝えられるだけ倫理的かもしれない、ということでしょうか。

昨日1日考えていたんですが、この臨床試験がはらんでいる問題点は、「
ある程度HIV感染者が発生しないと、試験結果がでない」ことなのかなあと僕は思いました。そのために、研究者たちは、無意識的には、「今みている人が100%HIV感染から逃れてほしい」と思いきれない(かもしれない)。そこには倫理的な問題があるような気もします。

ただ、論文を読むと、研究者たちも、この臨床試験が倫理的に「微妙」であることを認識していなくはないような気もします。「カウンセリングはちゃんとしてる」だとか、「あっちこっちで倫理委員会にかけた」とかいう文言にそれを感じました。

ただ、研究者たちはこの臨床試験が倫理的に「微妙」であることに、全く無自覚

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

出している本・DVDなど