« 「本当に」医者に殺されない47の心得 [心得3] クラリスばっか使う医者にはご用心 | メイン | 「本当に」医者に殺されない47の心得 [心得5] 医療のリスクは分散より集中 »

2013/06/30

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

私は20年ほど前に岡崎市民病院に感染性毛巣洞になり、半身麻酔で切除手術を受けて1週間ほど入院した折に、ずっとフロモックスを処方されていましたが、退院後も飲んでいたら飲むたびに激しい下痢と全身の発疹と腹痛に襲われるようになり、アレルギーなのかと心配しているのですが、不用意にお腹の殺すために起きている可能性があるのですね。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

出している本・DVDなど

Facebook