« 2016年度神戸大学フェロー、アテンディング、大学院生募集について | メイン | JSPENガイドラインとCRBSI »

2015/06/25

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

もし勘違いでなければ、場違いな場所に苦し紛れの質問をさせていただいた小生の質問についての返答ではないかとお見受けします。もしそうであれば深謝します。たしかに曖昧な臨床を踏ん張って堪え忍ぶことで、揺れながら芯に近づければいいと思います。国の感染症動向の内容を見るたびに、迅速検査キットの売れ方と疾患の流行が並行するような感覚になることがあるので、いろいろと思いあぐねていました。わたしのような老医も含めて多くの日本の臨床医に一つの指針を示し続けてくださることはすばらしいことです。しかし貴兄のみに依存することなく自分自身できちんと調べ上げて悩み抜くことを怠らないように自戒して今回の内容を読ませていただきました。著書の完成はまた速やかにアナウンスしてください。購入して勉強します。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

出している本・DVDなど