« 構成主義的診断学と、ゲシュタルト診断学 | メイン | リウマチ因子上昇は将来のRAのリスクか? »

2012/10/23

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

先生のブログではいつも勉強させて頂いています.
腎臓内科医をしておりますが,透析患者のワーファリン使用はいつも悩みます.

血液透析患者における心血管合併症の評価と治療に関するガイドライン
透析会誌44(5):337-425,2011
では,「透析患者のワーファリン使用は原則禁忌」です.
心臓弁を人工弁に置換した場合などの,限られた状況でしか使用していないかと思います.

ワーファリンはビタミンKに拮抗するので,骨やCaの代謝に影響してしまい,血管の石灰化による動脈硬化がすすみ,心血管系疾患の発症増加に関係しているように理解していますが,非常に大雑把な話で申し訳ありません.

また,カルシフィラキシスは重篤な合併症で透析患者のワーファリン使用例に多いことは知られています.(感染を合併するので先生も御覧になったことがあるかも知れませんが...)

文章が下手であれですが,
腎疾患患者では,出血よりも怖いワーファリンの合併症があるんです,
と言いたかったんです.

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

出している本・DVDなど