« 明治の洋館 | メイン | 多角的視点、そこに存在しないもの »

2011/01/26

コメント

フィード コメントフィードを購読すればディスカッションを追いかけることができます。

「感染症外来の帰還」を読んで大変感銘を受けた者です。
とある雪国の田舎町でプライマリケアに従事する私には福音の書となりました。常に手が届く所に置いています。以後、先生の様々な書籍・ブログからのメッセージ等に折に触れ拝読し、日常診療の糧にしています。
大阪でレジデントをしていた時の尊敬する先輩が、現在は先生の教室で勉強していると聞き、素晴らしいことだなと思っております。

ところでPKを蹴ったのはブレーメ、でしたね。86年にプラティニのフランスを準決勝で沈めたのも彼でした。強烈なフリーキックを蹴れるレフティでした(その点では90年代後半のLAZIOにいたミハイロヴィッチのインパクトが痛烈ですが)。

86年のフランス代表は主力の選手層が高齢化していたので、準々決勝のブラジル戦がピークになってしまいましたよね。
会場が暑くて空気の薄いメキシコではなく、ヨーロッパのどこかだったら決勝までいけたのかなと思いますね。

さて日本代表はアジアカップの決勝ですね。松井・香川を欠いた布陣でどんな試合をするのか楽しみですね。

コメントの確認

コメントのプレビュー

プレビュー中です。コメントはまだ投稿されていません。

処理中...
コメントを投稿できませんでした。エラー:
コメントを投稿しました。コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。 さらにコメントを投稿する

入力された文字と数字は画像と一致していません。再度入力してください。

最後に、下の画像の中に見える文字と数字を入力してください。これはプログラムを使ってコメントを自動的に投稿するのを防ぐために行われています。

画像を読み取れない場合は 別の画像を表示してください。

処理中...

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認してから表示されます。

アカウント情報

(名前は必須です。メールアドレスは公開されません。)

出している本・DVDなど